産経ニュース

【経済インサイド】燃え上がる電力・ガスの首都決戦 東電VS東ガス 自由化で陣取り合戦が過熱

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
燃え上がる電力・ガスの首都決戦 東電VS東ガス 自由化で陣取り合戦が過熱

ニチガスとタッグ

 一方、東電HDも黙っていない。7月に「敵陣」ともいえる都市ガス事業に東京都と神奈川県で本格参入し、電気料金とのセット料金を東ガスと同水準まで抑えた。7月末までの契約件数は約1万8000件と順調で、森下常務執行役は「4万件を初年度として確保したい」と意気込む。

 さらに、LPガスを主力とする日本瓦斯(ニチガス)とタッグを組み、事業者にガスを卸販売する折半出資会社「東京エナジーアライアンス」を8月21日に設立する。東電がガスの調達・供給、ニチガスが保安などを担当し、新電力がセット販売に使うガス小売りのサービスを提供。31年度に100件分の顧客獲得を目指し、東ガスの顧客1100万件を切り崩しにかかる。

 電力・ガスの全面自由化はまだ2年に満たず、競争の火蓋は切られたばかり。両業界の「燃え上がる」戦いから今後も目が離せそうにない。(経済本部 会田聡)

このニュースの写真

  • 燃え上がる電力・ガスの首都決戦 東電VS東ガス 自由化で陣取り合戦が過熱
  • 燃え上がる電力・ガスの首都決戦 東電VS東ガス 自由化で陣取り合戦が過熱

「ニュース」のランキング