産経ニュース

【新閣僚に聞く】茂木敏充経済再生相 教育無償化「財源組み合わせも」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【新閣僚に聞く】
茂木敏充経済再生相 教育無償化「財源組み合わせも」

インタビューに応じる茂木敏充経済再生担当相=内閣府(古厩正樹撮影) インタビューに応じる茂木敏充経済再生担当相=内閣府(古厩正樹撮影)

 --就任会見で、人づくり革命の5つのテーマの5番目として「全世代型の社会保障改革」を挙げた。ただ社会保障改革はさまざまな抵抗があり進まない

 「これからは人生100年の時代になる。ある推計によると、日本の10歳の子供たちの2人に1人が107歳まで生きるそうだ。22歳で大学を卒業して新卒で就職し、終身雇用で定年の65歳まで勤めるというこれまでのモデルだと、定年後42年間を過ごさなければならない」

 「日本の社会保障制度は、働いて保険料を払う期間が長く、その後、そこまで長くない老後を過ごすという前提で組み立てられている。しかも、高齢者給付を中心に組み立てられてきた。今後、何歳になっても再チャレンジ、再起動できる時代になれば、人々の再設計に向けた支援を提供するため、社会保障制度の組み方を全世代型にしていく必要がある」

 --日銀による金融政策の限界も指摘されるが、デフレ脱却に向けどう対応するか。現体制と次体制の日銀に期待することは

 「アベノミクスの『3本の矢』で、デフレではない状況を作り出すことができた。(経済全体の供給力と需要の差を示す)需給ギャップは改善傾向で、中小企業を含め、4年連続の2%前後の賃上げが続いている。引き続き、政府・日銀が緊密に連絡しながら、あらゆる政策を総動員してデフレ脱却をはかりたい」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング