産経ニュース

トヨタとマツダが資本提携 EV開発を加速、米国内に新工場建設検討

ニュース 経済

記事詳細

更新


トヨタとマツダが資本提携 EV開発を加速、米国内に新工場建設検討

マツダとの資本提携について質問に答えるトヨタ自動車の内山田竹志会長(中央)=4日午前、千葉市 マツダとの資本提携について質問に答えるトヨタ自動車の内山田竹志会長(中央)=4日午前、千葉市

 トヨタ自動車とマツダが資本提携する方針を固めたことが4日、分かった。トヨタがマツダに5%前後を出資し、マツダもトヨタに出資する方向。電気自動車(EV)の共同開発に加え、米国内での新工場の建設を検討する。EVなど環境対応車や自動運転の開発競争を優位に進めるためにグループ陣営の拡大を目指すトヨタと、トヨタの支援を受けて開発力を補いたいマツダの思惑が一致した。

 トヨタとマツダがそれぞれ同日開く取締役会で決議して、発表する。両社は平成27年5月に環境や安全技術分野を軸に包括提携することで基本合意し、具体的な提携内容について協議を進めてきた。両社は資本提携を機に、それぞれのノウハウを融合して、EVの性能を左右する制御技術の共同開発に取り組む。EVについて、トヨタは32年までに量産を始め、マツダも31年に米国で投入する計画を表明しているが、資本提携後も車両の設計や生産については個別に進める。

 米国事業でも連携する。米国では新会社を共同で設立して、人気の高いスポーツ用多目的車(SUV)を最大で年30万台生産できる大型工場を建設する案が有力。マツダは米国に工場がなく、日本やメキシコから輸出しており、米国での現地生産に乗り出せば、為替変動リスクを軽減できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • トヨタとマツダが資本提携 EV開発を加速、米国内に新工場建設検討
  • トヨタとマツダが資本提携 EV開発を加速、米国内に新工場建設検討

関連ニュース

「ニュース」のランキング