産経ニュース

ゆうちょ銀、東芝メモリ買収で「日米韓連合」に参加へ 数百億円拠出

ニュース 経済

記事詳細

更新


ゆうちょ銀、東芝メモリ買収で「日米韓連合」に参加へ 数百億円拠出

東京中央郵便局とゆうちょ銀行本店=2012年7月17日、東京・千代田区(桐原正道撮影) 東京中央郵便局とゆうちょ銀行本店=2012年7月17日、東京・千代田区(桐原正道撮影)

 日本郵政傘下のゆうちょ銀行が、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収を目指す「日米韓連合」に参加することが1日、分かった。優先株など出資と融資の中間的な手法を通じ、買収の主体となる特別目的会社(SPC)に数百億円を拠出する方向で検討している。東芝メモリは旺盛な需要を背景に好業績が続いており、運用対象として有望と判断した。

 日米韓連合には官民ファンドの産業革新機構や日本政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手SKハイニックスが参加。東芝に2兆円の買収額を提示し、交渉は詰めの段階に入っている。ゆうちょ銀の参加で、各社の資金負担が軽くなるメリットがありそうだ。連合には複数の日本企業も加わる方向。関係者によると、米アップルが参加する可能性もあるという。

 ただ、東芝内部では3兆円近くを提示した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業を推す声もあり、意見が割れている。  ゆうちょ銀は企業向け融資ができない一方、出資は認められている。日銀の金融緩和による超低金利で国債での運用が難しくなる中、高利回りを見込める投資先を探していた。

「ニュース」のランキング