産経ニュース

【東芝危機】東芝、追加損失は回避 米原発債務6561億円に確定

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝危機】
東芝、追加損失は回避 米原発債務6561億円に確定

東芝本社前の屋外看板=東京都港区(ロイター) 東芝本社前の屋外看板=東京都港区(ロイター)

 経営破綻した米原子力大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が手がける原発建設をめぐり、親会社の東芝が発注元の米電力会社2社に支払う債務保証額が計6561億円になることが28日に確定した。保証額は東芝が見積もっていた範囲内に収まり、東芝はWHの原発工事に関して追加の損失を避けられる見込みになった。

 東芝は28日、米スキャナ電力とWHが建設していた米サウスカロライナ州の原発2基の債務保証額として2432億円を支払うことで合意した。6月には米サザン電力とも、米ジョージア州の原発2基の建設をめぐり、保証額を4129億円とすることで合意。スキャナ、サザン両社とは、合意した金額を超えて保証の支払いを請求しないことで合意していた。

 東芝は平成29年3月期業績見通しに、海外原発関連の損失見積額として7162億円を織り込んでいる。米電力会社への保証の総額が想定の範囲に収まったため同期業績見通しの変更もなく、WHに関して30年3月期以降に追加の損失も生じない見通しという。

 東芝が18年10月に買収したWHは、米国の電力会社2社が発注した原発4基の建設工事を進めていたが、今年3月末に米連邦破産法11条の適用を申請し、経営破綻した。東芝は電力会社との間で、WHが契約通りに原発建設を進められない際、WHの親会社として建設が遅れることで膨らむ費用を肩代わりする契約を結んでいた。

「ニュース」のランキング