産経ニュース

クライスラー国内販売終了 年内にも、売り上げ不振

ニュース 経済

記事詳細

更新


クライスラー国内販売終了 年内にも、売り上げ不振

 欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、米国発祥の「クライスラー」ブランドの車に関し、早ければ年内にも日本国内での販売を終える方向で検討していることが24日分かった。2016年の国内販売台数は300台弱にとどまり、売り上げが振るわないためだ。

 昨年はフォード・モーターが日本から撤退しており、米国ブランドが低迷に苦しんでいる。

 クライスラーの国内販売台数は、ピーク時の1996年に1万7404台に達したが、16年には約60分の1の283台にまで沈んでいた。

 FCAの日本法人は、クライスラーで唯一扱っているセダン「300S」の販売を年内にも終える見通し。終了が18年にずれ込む可能性もある。新たな車種は売り出さない方針だ。今後は販売が好調なイタリアの「フィアット」や、需要が伸びている米国の多目的スポーツ車(SUV)ブランド「ジープ」に力を入れる。

「ニュース」のランキング