産経ニュース

米、マレーシアと貿易協議 貿易赤字削減へ作業部会

ニュース 経済

記事詳細

更新


米、マレーシアと貿易協議 貿易赤字削減へ作業部会

 米通商代表部(USTR)は17日、マレーシアと貿易協議を行い、米国の貿易赤字削減に向け、作業部会を設置することで合意したと発表した。

 USTRは声明で「アジアの主要な相手国と貿易関係の強化に向けて協議する」と指摘。米国からの輸出を増やすため、日本を含む各国と通商協定を結びたい考えだ。

 貿易協議は米国とマレーシアが結んでいる貿易投資枠組み協定に基づいて実施した。作業部会では知的財産権の保護強化、労働や環境基準などについても話し合う。

 USTRによると、米国は2016年にマレーシアとのモノの貿易で約250億ドル(約2兆8千億円)の赤字を出した。マレーシアは米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)参加国の1つ。(共同)

「ニュース」のランキング