産経ニュース

【東京コラム】「郊外の夢」から覚めた多摩ニュータウン 「都心回帰」の流れにどう向き合っているのか

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東京コラム】
「郊外の夢」から覚めた多摩ニュータウン 「都心回帰」の流れにどう向き合っているのか

人口減と高齢化に直面する多摩ニュータウン 人口減と高齢化に直面する多摩ニュータウン

 多摩地区の企業が出資する「多摩未来奨学金」制度や「まちづくり・ものづくりコンペティッション」など、新たな産官学の在り方を模索している。

 多摩ニュータウンの入居者の第1号の人々が夢を見た、諏訪2丁目の団地が再開発されて、戸数を増した高層マンションとして生まれ変わったのは13年秋のことである。旧住民に加えて若い層が新入居した。地域は新しい夢を紡ぎつつある。(田部康喜)

たべ・こうき 東日本国際大学客員教授。東北大法卒。朝日新聞経済記者を20年近く務め、論説委員、ソフトバンク広報室長などを経て現職。62歳。福島県出身。 

このニュースの写真

  • 「郊外の夢」から覚めた多摩ニュータウン 「都心回帰」の流れにどう向き合っているのか

「ニュース」のランキング