産経ニュース

【ビジネス解読】「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…

韓国南部、釜山郊外の古里原発(後方)付近の漁港で作業する漁業者(共同) 韓国南部、釜山郊外の古里原発(後方)付近の漁港で作業する漁業者(共同)

 新政権が発足して間もない韓国で、早くも先が思いやられる事態が起きている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領(64)が資源に乏しい国内事情を無視して脱原発を宣言。これが火種となって、原発のおかげで割安だった電気料金が値上がりし、産業競争力が低下するとの批判が強まっている。理想に固執し、現実を直視しないで決めたとの見方も多い今回のエネルギー政策の大転換は、国民的議論を呼びそうで、文氏の無責任さに非難が集中すれば政権運営が危うくなる可能性もある。(※7月4日にアップされた記事を再掲載しています)

 文大統領は原発を「1970~80年の開発途上国時代の電源」と規定。南部、釜山郊外にあり、6月18日深夜に運転を終了した古里(コリ)原発1号機を同19日に訪れ、大統領選で公約として掲げた脱原発政策を改めて表明。新規の原発建設計画を全て白紙化し、稼働中の原発が設計寿命を迎えたら運転を延長しないとした。

 日本の経済産業省によると、国内資源でどれだけの電気をつくっているかを示すエネルギー自給率は韓国の場合、2014年で18.3%。経済協力開発機構(OECD)に加盟する34カ国の中で31位と極めて低く、日本と同じように資源の大部分を海外に依存する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…
  • 「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…
  • 「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…
  • 「脱原発」に走る文在寅大統領 有力紙も「産業競争力が揺らぎかねない」と無責任さを非難するが…

関連トピックス

「ニュース」のランキング