産経ニュース

東芝、WDへの「圧力」空振り 米裁判所が機密情報へのアクセス遮断を差し止める命令

ニュース 経済

記事詳細

更新


東芝、WDへの「圧力」空振り 米裁判所が機密情報へのアクセス遮断を差し止める命令

 米カリフォルニア州の上級裁判所は11日(米国時間)、東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐる対立から米ウエスタンデジタル(WD)に対し製品開発に関する機密情報へのアクセス遮断措置をとっていることを一時的に差し止める仮処分を命じた。WDによるアクセスが認められたのは機密情報の一部だが、売却差し止めを求めるWDに圧力をかけようとした東芝の思惑に冷や水を浴びせた格好だ。

 東芝が6月28日にアクセス遮断に踏み切ったことを受け、WDは同州上級裁に7月6日に差し止めを求める提訴を起こしていた。28日に審問が行われ、改めて両社の主張を踏まえた裁定が下る。今回のアクセス遮断の差し止めは同日までの暫定的な措置となる。

 東芝は12日にアクセス遮断を解除したが、6月27日以前の一部の情報にとどまり、全体の半分以下の情報量とみられる。東芝に帰属する情報へのアクセスなどは引き続き禁止される。

 限定的な仮処分となったが、WDは「われわれの主張の正当性を示すものと考えており、決定を歓迎する」との声明を出した。一方で東芝は「一部のアクセス遮断の継続が認められた」としつつも、「今回の命令は不服であり控訴する」と発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東芝、WDへの「圧力」空振り 米裁判所が機密情報へのアクセス遮断を差し止める命令

「ニュース」のランキング