産経ニュース

テロ対策を“プロ”が指南 元米軍人のウィリアム・J・ヤングさんが会社設立し呼びかけ 神奈川

ニュース 経済

記事詳細

更新


テロ対策を“プロ”が指南 元米軍人のウィリアム・J・ヤングさんが会社設立し呼びかけ 神奈川

米海軍に在籍していたころのヤングさん。テロ対策専門官を務めていた 米海軍に在籍していたころのヤングさん。テロ対策専門官を務めていた

 シリアやイラクではISの掃討作戦が進行中で、IS戦闘員が地下に潜り、世界各地に拡散。日本にもシンパや協力者がいる可能性があると指摘する。

 県内では、江の島で五輪セーリング競技が行われるほか、横浜スタジアム(ハマスタ)が野球・ソフトボールのメイン会場となっており、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)もサッカーの会場の一つとなっている。

 さらには、鉄道・道路網など東京都心へのアクセスも良く、「テロの攻撃対象となり得る環境がそろっている」。注意すべき場所としては「インターネットの画像検索などで調べることも可能。例えば、『横浜』などと入力して、出てくる代表的な観光地などは狙われやすいと考えてよい」との見方を示す。

 ◆市民の協力が不可欠

 ヤングさんがシンガポールの米海軍司令部にいた2001(平成13)年、通い慣れた商業施設がイスラム過激派のテロ攻撃対象となっていたことが判明したという。「警備が手薄な商業施設を攻撃対象とした。つまり、東京の都心で警戒態勢が厳しさを増せば、県内にターゲットを移す可能性も十分にある」と語る。

続きを読む

「ニュース」のランキング