産経ニュース

【タカタ破綻】終始逃げ回った3代目の罪…追い込まれ破綻へ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【タカタ破綻】
終始逃げ回った3代目の罪…追い込まれ破綻へ

欠陥エアバックのリコール問題で経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した件で会見する、タカタの高田重久会長兼社長(左)=26日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影) 欠陥エアバックのリコール問題で経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した件で会見する、タカタの高田重久会長兼社長(左)=26日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 2008年に最初にエアバッグの欠陥を把握してから約9年。タカタは経営破綻という最悪のシナリオに追い込まれた。欠陥エアバッグ問題でタカタの創業家3代目の高田重久会長兼社長は、自動車メーカーと責任の押し付け合いを続け、責任逃れに終始した。早期解決への努力を怠り、説明責任からも逃げ回るなど、消費者を軽視した経営者の罪は重い。

 「こういう経緯に至り、非常に責任を感じている」

 26日、東京都内で記者会見した高田氏は、タカタを経営破綻に追い込んだ自身の経営責任をこう認めた。

 タカタ製欠陥エアバッグの異常破裂が原因とみられる死者は米国など世界で少なくとも17人にのぼる。しかし、多くの死傷者を出しながらタカタは「異常破裂が起きることは製造当時は予測困難だった」と逃げ続けた。自動車メーカーにも装着状態などで一定の責任がある、と責任を押しつける言動もあった。

 高田氏は同日の会見でもエアバッグの不具合について「なぜ、問題が起きたのか分かっていない」と、不具合の明確な原因がタカタにあるとは認めなかった。

 ■自動車大手も怒り

 こうした“責任回避”の姿勢は、消費者への説明責任でも顕著だ。問題発覚以降、高田氏が会見したのは平成27年6月と同年11月、そして今回の3回だけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 終始逃げ回った3代目の罪…追い込まれ破綻へ

「ニュース」のランキング