産経ニュース

【東芝半導体売却】主要7行、東芝に新たに280億円融資へ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝半導体売却】
主要7行、東芝に新たに280億円融資へ

 経営再建中の東芝に対し、三井住友銀行やみずほ銀行など主要7行が今月中に、新たに280億円の融資を行うことが21日、分かった。7行が事前に設定していた2800億円の融資枠のうち、10分の1を活用し、東芝の当面の資金繰りを支える。

 この融資枠を使うには、半導体子会社「東芝メモリ」の株式を担保に取る必要がある。ただ、東芝の提携先で、東芝メモリの売却差し止めを申し立てているWDの反対で、株式を担保に取ることはできない状況だ。

 このため、7行は株式を一時的に手元に置いておく「保護預かり」という仕組みを使って融資を実行する。通常の担保よりも価値が低くなることから、各行は貸し倒れ引当金を積む方向で検討している。

「ニュース」のランキング