産経ニュース

シャープ、有機EL開発遅れ 韓国LG電子などが先行 V字回復に残る不安

ニュース 経済

記事詳細

更新


シャープ、有機EL開発遅れ 韓国LG電子などが先行 V字回復に残る不安

専用バスを降りてシャープの株主総会会場へと向かう株主ら=20日午前、堺市堺区(彦野公太朗撮影) 専用バスを降りてシャープの株主総会会場へと向かう株主ら=20日午前、堺市堺区(彦野公太朗撮影)

 有機ELではライバルの韓国LG電子などが先行し、シェアを拡大している。シャープは30年の稼働を目指してスマートフォンなどに使われる中小型パネル生産設備の準備を進めており、テレビ用大型パネルも並行して開発中だ。

 だが、「日本製の有機ELを出したいが、戦略はまだ長い」(戴社長)と実用化の時期は示せないまま。IoTなど先端技術でも、世界の家電大手との激しい開発競争が予想される。「次の敗北は許されない」(株主)中、戴社長には、目標達成に向けた具体的な道筋を示すことが求められている。(大島直之)

このニュースの写真

  • シャープ、有機EL開発遅れ 韓国LG電子などが先行 V字回復に残る不安

「ニュース」のランキング