産経ニュース

【ビジネス解読】中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還

VWが発表した新型「ゴルフ」=5月25日、東京都内 VWが発表した新型「ゴルフ」=5月25日、東京都内

 7年続いた“宴”の反動は大きく、これまでの買い替えによる大量供給で中古車価格が下落し、新車の購入を押し下げる悪循環もみられ始めるなど、市場環境は厳しく、1~5月期のトヨタの実績も前年同月比4.7%減の95万2785台とさえない。一方、VWはといえば、排ガス規制逃れによる顧客離れの「底」からの反動で、6.9%増の13万3861台と伸びているから皮肉だ。トヨタも市場の調整をある程度は織り込み、2018年3月期は米国を軸とする北米販売台数を前年同期比1万7000台減の282万台と前年割れで計画しているものの、前半のペースからはこの数字の下ぶれリスクが浮上する。

 さらにトヨタにとって悩ましいのは、世界最大の自動車市場を牛耳る中国政府とVWの蜜月関係が一段と色濃くなり始めたことだ。

 トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言した6月1日、トランプ氏に当てつけるようにドイツのメルケル首相と中国の李克強首相が満面の笑みで握手を交わしていたのをご存じだろうか。

 両首相は温暖化対策や貿易取引などで協力を確認。「中国はより重要かつ戦略的なパートナーになった」と李首相を持ち上げたメルケル首相は、その言葉を象徴する、あるイベントに李首相を伴って出席した。VWと中国の自動車メーカー、江淮汽車との電気自動車(EV)合弁生産契約の調印式だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還
  • 中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還
  • 中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還
  • 中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還
  • 中国の偏愛? トヨタがVWに勝てないワケ どうなる世界首位奪還

「ニュース」のランキング