産経ニュース

ファミマ、「炭火焼きとり」発売へ 年2億本の販売目指す 総菜販売を強化

ニュース 経済

記事詳細

更新


ファミマ、「炭火焼きとり」発売へ 年2億本の販売目指す 総菜販売を強化

 ユニー・ファミリーマートホールディングスは5日、コンビニエンスストア大手ファミリーマートで新商品「炭火焼きとり」を27日に発売すると発表した。昨年9月に経営統合したサークルK・サンクスの看板商品を導入し、総菜の品ぞろえを広げる。

 新商品は「もも」と「かわ」のタレ味と塩味で、1本128円。各店舗のレジ横に“商店街”をイメージした大型ショーケースを置く。常温陳列により、風味の保持と家庭への持ち帰り需要の取り込みを図り、年2億本の販売を目指す。

 同社によると、総菜の市場規模は約3兆円だが、シェアの大半をスーパーが占める。コンビニは15%にとどまり、弁当やパンなどより拡大の余地は大きい。

 ファミマは天ぷらの発売も計画しており、沢田貴司社長は同日、「主婦層などの中食需要を開拓していく」と意気込んだ。

「ニュース」のランキング