産経ニュース

玉塚氏、ローソン退任後はIT企業社長に転身 ゲームソフトの検査手がけるハーツユナイテッドグループへ

ニュース 経済

記事詳細

更新


玉塚氏、ローソン退任後はIT企業社長に転身 ゲームソフトの検査手がけるハーツユナイテッドグループへ

ハーツユナイテッドグループ社長に就任する玉塚元一氏 ハーツユナイテッドグループ社長に就任する玉塚元一氏

 ゲームソフトなどの不具合検査を手がけるIT企業、ハーツユナイテッドグループは15日、コンビニ大手ローソンの会長を今月30日退任する玉塚元一氏(54)を社長に迎える人事を発表した。創業者の宮沢栄一社長(44)は代表権のない会長に就く。6月27日の株主総会を経て就任する。

 宮沢社長は15日の会見で「玉塚氏の豊富な経験を当社の『第2創業』に生かしてほしい」と期待を寄せた。玉塚氏は「成長が見込まれるセキュリティー分野などを強化し、5万人、10万人の雇用を生む産業にしたい」と抱負を述べた。両氏は半年前に共通の知人を介して知り合ったという。

 玉塚氏は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング社長を経て、平成23年にローソン副社長に就き、社長、会長を歴任。1月にハーツユナイテッドの顧問に就いていた。

「ニュース」のランキング