産経ニュース

日中、構造問題で共同研究 麻生太郎氏、ADB基金に45億円

ニュース 経済

記事詳細

更新


日中、構造問題で共同研究 麻生太郎氏、ADB基金に45億円

日中財務対話を前に握手を交わす麻生財務相と中国の肖捷財政相=6日午後、横浜市(代表撮影) 日中財務対話を前に握手を交わす麻生財務相と中国の肖捷財政相=6日午後、横浜市(代表撮影)

 日中両政府は6日、財政当局幹部らが政策運営を協議する「日中財務対話」を約2年ぶりに横浜市で開いた。経済や金融分野での協力関係を一層推進することを確認し、経済構造問題など両国の関心事項について共同研究を行うことでも合意した。日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の第50回年次総会の開会式も同日開かれ、麻生太郎財務相はADBのインフラ基金に4000万ドル(約45億円)を拠出すると表明した。

 対話には麻生氏や中国の肖捷財政相、両国の財政当局の幹部のほか、今回初めて中央銀行幹部も出席。麻生氏は対話後の記者会見で「構造問題への取り組みなどの経験を共有し、金融協力などの必要性を再確認できた」と評価した。

 肖氏は対話でトランプ米政権を念頭に「保護主義に反対し、開放型の世界経済を発展させるべきだ」と主張した。

 ただ、対話では金融危機時の外貨不足に備えた通貨交換協定などについては具体的な政策の進展はなかったという。合意した共同研究は、鉄鋼業界で問題視されている中国の過剰生産に代表されるような構造問題などがテーマとなるとみられる。

続きを読む

「ニュース」のランキング