産経ニュース

【日米経済対話の舞台裏】麻生太郎副総理、ロス商務長官にも触手 吉田茂譲りの老獪外交じわり ペンス副大統領と信頼関係

ニュース 経済

記事詳細

更新

【日米経済対話の舞台裏】
麻生太郎副総理、ロス商務長官にも触手 吉田茂譲りの老獪外交じわり ペンス副大統領と信頼関係

共同記者会見を終え、握手を交わすペンス米副大統領(左)と麻生太郎副総理兼財務相=18日午後、首相官邸(川口良介撮影) 共同記者会見を終え、握手を交わすペンス米副大統領(左)と麻生太郎副総理兼財務相=18日午後、首相官邸(川口良介撮影)

 翌19日、ペンスは米海軍横須賀基地の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で米兵ら約2600人を前にこう演説した。

 「大統領は君たちの貢献に謝意を伝えるために私をここに派遣した。われわれの国と価値観、生活を守るために志願したあなた方全員に対してである。米日同盟はアジア太平洋地域の平和と繁栄、そして自由の礎だ。長年築きあげたものすべてを守る決意は揺るがない。米軍はあらゆる軍事力で日本を防衛する」

× × ×

 「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプは、就任前から日米貿易不均衡を激しく批判してきただけに「トランプ政権誕生により日米貿易摩擦が再燃する」とささやかれてきた。

 ところが、核・ミサイル開発をやめようとしない北朝鮮と、南シナ海や東シナ海で覇権拡大を続ける中国の実情を知り、トランプは日米同盟こそが東アジアの平和と安定の礎であると強く認識したようだ。2月に訪米した安倍と長時間にわたり会談を続け、首脳間の信頼関係を醸成したことも大きい。

 これが日米経済対話の方向性を大きく変えた。「日米の経済連携を強めることは、日米同盟を強化する有効なツールとなる」。この麻生の持論が経済対話の基軸となりつつある。

続きを読む

「ニュース」のランキング