産経ニュース

タカタ製欠陥エアバッグが中古市場に? 米で重傷事故 リコール対象の製品が米国で流通も

ニュース 経済

記事詳細

更新


タカタ製欠陥エアバッグが中古市場に? 米で重傷事故 リコール対象の製品が米国で流通も

非正規ルートからとみられる欠陥エアバッグが搭載されていた車。米ラスベガスで事故時に異常破裂し、運転手が負傷した=18日(AP) 非正規ルートからとみられる欠陥エアバッグが搭載されていた車。米ラスベガスで事故時に異常破裂し、運転手が負傷した=18日(AP)

 タカタ製の欠陥エアバッグをめぐっては、現在、日米両国などで自動車メーカーが大量のリコールを実施している。リコール費用は世界で総額1兆円規模に上る見込みで、タカタの経営は急速に悪化している。タカタは現在、スポンサーを含めた再建計画の策定に向け、取引先の自動車各社と詰めの協議を進めている。

 ただ、再建策をめぐる意見は関係者間で異なり、策定が遅れている。自動車メーカーは再建手続きに裁判所が関与する法的整理を受け入れるよう要求。タカタは当事者間で再建策を協議する私的整理を主張し、溝が埋まらない状況だ。

このニュースの写真

  • タカタ製欠陥エアバッグが中古市場に? 米で重傷事故 リコール対象の製品が米国で流通も

「ニュース」のランキング