産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


「AIシステム科(定員40名)」を2018年4月新設

学校法人電子学園
学校法人電子学園 日本電子専門学校(東京都新宿区、校長 古賀 稔邦※以下本校)は、2018年度に「AIシステム科(定員:40名)」を設置します。

 2016年、Google DeepMindによって開発されたコンピュータ囲碁プログラム「アルファ碁(AlphaGo)」が、囲碁界のトップ棋士を相手に大勝した事実に世界が驚愕しました。このニュースを転機に、AI技術は新しいステージとなる“第3次人工知能ブーム”の幕開けとなりました。

 Google社の音声検索や音声入力機能、Apple社の音声応答アプリケーション「Siri」、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット「Pepper」、自動運転型の車など、人工知能(AI)を搭載した身近なサービスや機械が劇的な速さで実用化され、2017年はAI元年になると各界の有識者から示唆されています。このような背景に伴い、AI技術を有するエンジニアの不足がすでに問題視されています。IT業界は過渡期を迎え、新たな世界へと踏み出そうとしている絶好の機会だと確信し、本校は2018年4月より「AIシステム科」を設置するに至りました。

[画像: https://prtimes.jp/i/12037/5/resize/d12037-5-288606-0.jpg ]

 本校は、情報技術教育をはじめて54年、人工知能関連技術の教育は31年前に導入。年月を経て磨き抜かれた教育ノウハウと実績を持ち合わせています。
AIシステム科では、これまでに積み上げてきた従来のシステム開発技術に加え、最新のクラウドサービスやライブラリを駆使し、「AI」×「ビッグデータ」×「IoT」の3つの技術を総合的に学習。いままでにない次世代技術と知識を備えたITエンジニアを育成します。経験豊富な教員の指導のもと、授業内で実践しながら体系的に学ぶため、初心者でも安心して成長できるカリキュラムを実現。全授業は本科オリジナル教材を使用し、他校にはない独自の授業で最先端のAIプログラミングを学習します。
詳細は、本校入学案内書学科編または公式オフィシャルサイトにて掲載しています。

 「電子技術を核とした創造性豊かな技術者の育成を通して世界に貢献する」という建学精神の下、確実に需要の高まる技術を発掘し、幅広い業界で活躍できるスペシャリストの育成に今後も尽力して参ります。

<目指す職種>
AIエンジニア/データサイエンティスト/システムエンジニア/プログラマ
<目標とする資格>
Python3エンジニア認定/IoT検定/ORACLE認定Javaプログラマ/XMLマスター
<学ぶ概要>
○プログラム(Python、JAVA など)
○ライブラリ(Microsoft社「Azure Machine Learning」、Google社「TensorFlow」 など)
○IoTデバイス(Raspberry Pi など)
○そのほか(コンピュータリテラシー、暗号と認証、統計学 など)

「ニュース」のランキング