産経ニュース

H&Mグループはサステイナビリティ・レポート2016で新しい目標を発表

ニュース 経済

記事詳細

更新


H&Mグループはサステイナビリティ・レポート2016で新しい目標を発表

H&M
[画像: https://prtimes.jp/i/11958/123/resize/d11958-123-624289-0.jpg ]

H&Mグループのサステイナビリティ・レポート2016が昨日発表され、2030年までに100%リサイクル製品またはその他の持続可能な原料を使用すること、また2040年までにバリューチェーン全体を通じてクライメット・ポジティブになる(下記に詳細記載)ということを含めた、いくつかの新しい目標を示しました。

もう一つの重要なハイライトは、100%再生可能電力に切り替えるというコミットメントです。 2016年の自社の事業におけるグローバル電力の96%は、再生可能エネルギー源に由来していました。また、2016年にH&Mはベター・コットン・イニシアチブが認定する、世界最大のコットンユーザーに選ばれたとも報告しています。リサイクルと再利用については、H&Mグループが引き続き壮大な開発プランを推進していきます。 H&Mグループは、2013年に世界の衣料品回収活動を開始して以来、不要になった布地39,000トンを回収してきました。2020年までに、同社は毎年少なくとも25,000トンの布地を回収することを目指しています。本レポートではまた、H&Mグループの労使関係と公正な賃金制度を拡大する作業が良好な進展を続けていることも報告されています。

「私たちは、同社をより公平かつ平等にしながら、循環型で再生可能な方法に変革を導くために、我々の持つ規模を利用したいと考えています。これが、我々のサステナビリティへの取り組みを次のレベルに引き上げることを目指し、新しい戦略を開発した理由です。」 とH&Mグループのサステナビリティ・ヘッド、アナ・ゲダ(Anna Gedda)は話します。彼女はまた「私たちは 、最終的にファッションをサステイナブルなものとし、サステイナビリティをファッションなものにするために、環境と社会の両面で事例を通して牽引し、新しい道を切り開きたいと思っています。」と付け加えます。

以下のレポートから詳細とハイライトを読むことができます。レポート全体とそのハイライトの要約も閲覧してダウンロードすることができます。
サステイナブルレポート2016 : http://sustainability.hm.com/
サステイナブルレポート2016のハイライト: http://about.hm.com/en/sustainability/sustainability-highlights-2016-en.html

2040年までにH&Mグループはクライメット・ポジティブになる

H&Mグループの目標は、遅くとも2040年までにバリューチェーン全体を通じてクライメット・ポジティブになることです。同社は、バリューチェーンよりも多くの温室効果ガス排出量を削減するよう努めます。 クライメット・ポジティブになるためにH&Mグループは、エネルギー効率、再生可能エネルギー、そして地球温暖化ガスの吸収を可能にする技術革新をサポートするとともに、惑星の気候変動への抵抗力、回復力を強化していく活動を通じて、避けられない排出に取り組んでいくことに、注力していきます。
•H&Mグループは、2040年までに、全体のバリューチェーンを通じてクライメット・ポジティブを実現します。 •H&Mグループは、2030年までに第1-2層の気候に依存しないサプライチェーンにコミットします。
•H&Mグループは、自社の事業で100%再生可能エネルギーを使用することを約束しています。 このシェアは2015年の78%から2016年には96%に増加しました。
•2016年にH&Mグループは、2015年に比べてCO2排出量を47%削減しました。
•H&Mグループは、WWF Climate Saversプログラムの誇り高いメンバーです。

2030年までに100%再生資源、サステイナブルにな原材料の使用へ

H&Mは新たなゴールとして、2030年までに製品に再生資源、またはその他のサステイナビリティに由来した原材料のみを使用することを発表しました。H&Mは完全なる循環型の実現というゴールに向かって徐々に前進しています。H&Mは世界的にベター・コットン・イニシアチブによって認証されたコットンの最大のユーザーであり、その責任を担っています。また、オーガニックコットン、再生ポリエステル、Tencel(R)Lyocellの最大のユーザーの1つでもあります。開発を進めるためには、科学に基づくコラボレーションが重要です。したがってH&Mは、不足している天然資源への依存度が低いテキスタイルの生産と使用のための循環システムを発見するため、Ellen MacArthur財団とストックホルム大学のストックホルム修道院と協力しています。

•2030年までに、H&Mはリサイクルまたはその他のサステイナブルな原材料のみを製品に使用することを目指しています。 2016年には、このシェアは26%でした。
•2016年に、H&Mのコットン使用量の総量43%がサステイナブルな供給源からのものでした。 ゴールは2020年までにそのようなコットンのみを使用することです。
• H&Mは、2016年にPETボトル1億8,000万本以上の再生ポリエステルを使用しました。
• H&Mで調達する資源は100%、Responsible Down Standardの認証を取得しています。
•H&Mは、ベターコットンの世界最大のユーザーであり、責任を持って供給されています。

2016年に店舗に集められた繊維は16,000トン

H&Mグループは、リサイクルと再利用に関する意欲を強化し、循環的アプローチと密に関連した新しいゴールを発表しています。 2020年までに少なくとも25,000トンの繊維を店で回収する予定です。2013年に古着回収活動が開始されて以来、合計39,000トンの繊維が回収されました。

•2016年には、16,000トンの繊維が回収されました。
•2013年以来、39,000トンの織物が店舗で回収されています。
•2020年までに、目標は年間25,000トンを回収することです。

公正な生活賃金と労使関係プログラムの拡大

テキスタイル産業における労働条件の改善は、労働市場と工場における対話に依存しています。 したがってH&Mグループは、労使関係と公正な賃金制度を拡大し続けています。 その一環として、H&Mグループはサプライヤー工場における賃金管理を改善するシステムや、労働者と管理職の職場での対話に関する研修の導入を良好に進めています。たとえば、2016年にいくつかのポジティブな結果が恒久的な合意へと繋がった、IndustriALLやスウェーデンの労働組合IF Metallのグローバル・フレームワーク協定(Global Framework Agreement)内での協調が重要になります。

•140のサプライヤー工場は、約25万人の労働者を対象とした賃金管理システムの改善を実施しています。
•合計290のサプライヤー工場は約37万人の労働者を対象とする職場対話プログラムの一部です。
•これらのプログラムは、8つの生産国で実施されています。

「ニュース」のランキング