産経ニュース

小売業界でAI活用広がる 人手不足や業務効率化に対応

ニュース 経済

記事詳細

更新


小売業界でAI活用広がる 人手不足や業務効率化に対応

ローソンはAIを活用したシステムの導入で発注時間が大幅に短縮した=東京都杉並区の高円寺駅前店(黄金崎元撮影) ローソンはAIを活用したシステムの導入で発注時間が大幅に短縮した=東京都杉並区の高円寺駅前店(黄金崎元撮影)

 小売業界で人工知能(AI)を活用する動きが広がっている。コンビニエンスストア大手のローソンは、最適な数で弁当やおにぎりなどを発注するシステムを全店舗に導入。カジュアル衣料品店「ユニクロ」も商品開発や在庫管理にAIを導入し、深刻化する人手不足を乗り切ろうとしている。

 「これまで商品発注が1時間かかっていたが、20~30分短縮できた」

 東京都杉並区などのローソン店舗で指導員を務める平木しゅんすけストアコンサルタントはこう語る。

 ローソンは平成27年に全店舗で「セミオート発注システム」を導入。過去の販売実績や、その日の天候などを踏まえ、AIが最適な商品数を算出し、ボタン一つで発注できる。

 従来は、オーナーや店長が売れ行きに応じ、商品ごとに発注していたが、弁当など約400品の発注をセミオートに切り替えた。

 セミオートの導入で、「店長らが休日出勤しなくて済むようになった」(平木氏)。操作が簡単なため、現在は発注業務をアルバイトに任せている。また、「(店長らが)空いた時間を売り場づくりに充てられるようになった」(平木氏)という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小売業界でAI活用広がる 人手不足や業務効率化に対応

「ニュース」のランキング