産経ニュース

【東芝危機】東芝、米原子力子会社WHの破産申請 1兆円超の最終赤字 国内事業会社で最悪

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝危機】
東芝、米原子力子会社WHの破産申請 1兆円超の最終赤字 国内事業会社で最悪

東芝本社が入る浜松町ビルディング=東京・芝浦(撮影・斎藤浩一) 東芝本社が入る浜松町ビルディング=東京・芝浦(撮影・斎藤浩一)

 経営再建中の東芝は29日、米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。東芝の平成29年3月期の連結最終損益が1兆100億円の赤字(従来予想は3900億円の赤字)になる見通しで、金融を除く国内事業会社で過去最悪の赤字となる。負債が資産を上回る債務超過額も6200億円に膨らむ。

 WHの負債総額は、同時に破産法の適用を申請した持ち株会社を含め、98億1100万ドル(約1兆890億円)に上る。WHの破綻処理で、東芝の連結対象から外れるため、東芝の損失拡大には歯止めがかかる。東芝は海外原発事業から撤退し、社会インフラ中心の事業構造へ転換を急ぐ。

 東芝の綱川智社長は同日の会見で破産法申請について、「海外の損失リスクを遮断する当社の方針にも合致する」と述べた。

 WHは今後、ニューヨーク州連邦破産裁判所の管轄下で再建を目指す。米国で建設中の原発は、発注元の電力会社と工事継続を協議する。東芝はWHの支援を韓国政府系の韓国電力公社に要請しており、再建が進めば株式の過半を売却する見通しだ。

 損失を穴埋めするため、東芝は半導体メモリー事業などを売却する。30日に臨時株主総会を開き、半導体事業の分社化の承認を求める。29日に締め切った同事業への入札には、米国や韓国のメーカーなど10社以上が参加したもようだ。

「ニュース」のランキング