産経ニュース

三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

 --開発はどの辺まできていると思うか

 「正直、まだどの辺まできているとはっきりいえる段階ではない。一歩一歩、進めていく」

 --外国人技術者はまだ増やすのか

 「名古屋地区だけで現在300人弱いる。要所要所で、必要な専門性をもった人材を増やしていく。(人件費が増えたとしても)安全で高性能な飛行機を開発することが大事だ。(増強の規模は)数十人とかで、百人規模にはならないのではないか」

 --70席クラスの開発は

 「まず90席クラスをしっかり開発するのが基本だ。世界的には90席のニーズがベースになっている。70席については、米国の大手航空会社が最大76席までの飛行機しか地域航空会社に運航を外注できないルールの行方が分からないので、何ともいえない。ルールの緩和がなかなか進まない場合は、70席のニーズが増えると思われるので、両方で進めることになる。(両方を開発する)姿勢はこれまでと変わらない」

 --顧客は今回の延期に納得しているのか

 「1月の延期発表直後から、状況のご説明を含め、顧客とのコミュニケーションを密にとっている。予定通りに(MRJが)入ってこないのは非常に残念とのお言葉をいただいているが、きちんと開発してデリバリーする意思はお伝えしている。これからもしっかりコミュニケーションをとっていく。発表後のキャンセルはない」

 --度重なる延期で、競合機の開発を進めるブラジルのメーカー、エンブラエルに対する優位性が消えたのでは

続きを読む

このニュースの写真

  • 三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」
  • 三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

「ニュース」のランキング