産経ニュース

三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

 三菱重工業の子会社で、国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)は27日、外国人技術者を増員する方針を明らかにした。篠原裕一業務執行責任者(CEO)が、産経新聞などとのインタビューに応じた。同社はMRJの納入を5度も延期している。自前主義にこだわらず、経験豊富な海外の知見を積極的に取り入れることで、納期必達に向けて「背水の陣」を敷く。(井田通人)

 三菱航空機は現在、設計などの開発全般を担う名古屋地区に加えて、米ワシントン州のモーゼスレイクで試験機の試験飛行、シアトルで飛行データの解析などを進めている。外国人技術者は、名古屋だけで300人弱を雇い入れているが、さらに数十人を増員する。米国の2拠点についても必要に応じて増やしていく。

 MRJをめぐっては、安全性の面で配線などを見直す必要が生じたことから、同社は1月下旬に5度目の納入延期を発表。平成30年半ばとしていたANAホールディングスへの初号機引き渡し時期を、32年半ばに2年延ばした。

 三菱航空機は、配線などの設計を変更した上で、安全性を証明する「型式認定」の早期取得を目指す。篠原CEOは設計変更について、「秋までに固めたい」と話し、認定取得の準備を加速する方針を示した。外国人技術者の増員は、「要所要所で必要な専門性を持った人材を増やしていく」と説明。

続きを読む

このニュースの写真

  • 三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」
  • 三菱航空機、MRJ納期必達へ「背水の陣」 外国人技術者を追加雇用 篠原CEO「三菱重工と一緒にしっかりやる覚悟」

「ニュース」のランキング