産経ニュース

トヨタ、NTTと提携へ つながる車で異業種連携を加速

ニュース 経済

記事詳細

更新


トヨタ、NTTと提携へ つながる車で異業種連携を加速

 トヨタ自動車が、インターネットに接続してさまざまなサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」分野で異業種連携を加速している。23日には、高速通信が可能な第5世代の移動通信システム「5G」の研究でNTTと提携することが判明。自動車の通信機能高度化が急速に進む中、通信やIT大手の知見を取り入れて開発を強化し、激化する競争の勝ち残りを目指す。(今井裕治)

 トヨタは2020年をめどに日米で販売する全ての乗用車に通信機能を搭載する計画。現在の携帯電話に使われている4Gの車両向け通信網の整備はKDDIと連携して取り組むが、さらに通信速度が高速になる次世代技術の5Gの普及期に備え、KDDIに加えてNTTとも協業する。

 トヨタは米IT大手のマイクロソフトともつながる車で提携関係にあり、車から集めた走行に関するビッグデータを解析する合弁会社を米国に設立済み。対応車種も順次、拡大。まず、2月に発売した新型のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」で、バッテリーが切れそうな場合にメールで運転者に知らせ、事前に点検を促す新たなサービスを始めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング