産経ニュース

榊原経団連会長、東芝半導体事業の国外流出の阻止訴え 「国の基幹、最重要だ」

ニュース 経済

記事詳細

更新


榊原経団連会長、東芝半導体事業の国外流出の阻止訴え 「国の基幹、最重要だ」

東芝本社=東京都港区 東芝本社=東京都港区

 経団連の榊原定征会長は21日の定例会見で、東芝の半導体事業を分社化する「東芝メモリ」について、「東芝の半導体事業は国の基幹事業、最重要技術だ。日本にとどまることを希望する」として、政府による支援策が浮上していることに理解を示した。

 東芝メモリをめぐっては、政策投資銀行、産業革新機構などが共同で入札に応じ、海外流出などに歯止めをかけるために、拒否権を持つ株式の3分の1超を出資する案が浮上している。榊原氏は「現時点では決まっていないのでコメントできない」としながらも、「東芝の半導体技術や、人材が海外に流出することに懸念する」とし、政府支援の必要性を強調した。

「ニュース」のランキング