産経ニュース

【公示地価】商業地、大阪が全国1~5位を独占 訪日客需要、京都や福岡で20%超上昇も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【公示地価】
商業地、大阪が全国1~5位を独占 訪日客需要、京都や福岡で20%超上昇も

訪日客らでにぎわう大阪市中央区道頓堀。公示地価の地点別上昇率で、商業地では大阪市が上位5位までを占めた 訪日客らでにぎわう大阪市中央区道頓堀。公示地価の地点別上昇率で、商業地では大阪市が上位5位までを占めた

 訪日外国人旅行者の増加に伴い、大都市や観光地ではホテルの需要が高まっており、地価を押し上げている。建設計画が相次ぐ大阪市の商業地は、全国の上昇率1~5位を独占した。

 大阪府は、宿泊施設の客室稼働率が2016年に全国で最も高かった。大阪市内では、ホテルに加え、飲食店や中国人に人気のドラッグストアの出店も多い。道頓堀地区の1地点は前年比41・3%で、上昇率が全国1位となった。

 京都市中心部もホテル不足が顕著となっている。外国人に人気の高い八坂神社付近の商業地は29・2%上昇。周辺では、需要の高さに比べ、売りに出される物件が少なく「驚くような高値での取引もある」(国土交通省担当者)。

 大規模再開発が活発な福岡市の博多駅周辺では、26・2%の上昇地点も。クルーズ船で来日した外国人が立ち寄る複合商業施設「キャナルシティ博多」付近も16・0%のプラスとなった。

「ニュース」のランキング