産経ニュース

東京株続落、終値65円安で7営業日ぶり1万9500円割れ 円高112円台を嫌気

ニュース 経済

記事詳細

更新


東京株続落、終値65円安で7営業日ぶり1万9500円割れ 円高112円台を嫌気

 21日の東京株式市場は続落した。日経平均株価の終値は、前日比65円71銭安の1万9455円88銭。終値の1万9500円割れは今月9日以来7営業日ぶり。

 前日から1ドル=112円台へと円高が進み、この日の東京市場で下げ材料となった。112円台前半となった序盤は日経平均が184円安の1万9337円まで下落したが、その後は円上昇が一服し、日経平均も下げ幅を徐々に縮小した。午後3時近くの円相場は112円台80銭前後まで下落した。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比2.43ポイント安の1563.42。

「ニュース」のランキング