産経ニュース

【経済インサイド】素材各社が原燃料高に白旗 採算悪化で相次ぐ値上げ表明 需要家、消費者の反発必至でどこまで浸透?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
素材各社が原燃料高に白旗 採算悪化で相次ぐ値上げ表明 需要家、消費者の反発必至でどこまで浸透?

新日鉄住金は、今年度下期に続き、来年度の値上げも目指している=茨城県鹿嶋市の鹿島製鉄所 新日鉄住金は、今年度下期に続き、来年度の値上げも目指している=茨城県鹿嶋市の鹿島製鉄所

 同様の動きは、製紙各社の間でも広がっている。日本製紙は2月下旬、4月1日出荷分から書籍やチラシに使う印刷用紙を1キロあたり一律15円以上、コピー用紙などの情報用紙を10%以上、引き上げると表明。王子製紙など他の大手も軒並み追随した。

 製造設備の燃料に使う石炭や重油の価格が上昇しているのが理由だ。日本製紙は「もともとギリギリでやってきたところに燃料が上がったため、現状のままでは苦しい」と説明する。

 一方、石油化学製品でも基礎原料のナフサ(粗製ガソリン)価格が上昇するなか、値上げ表明が続出している。三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂は今年に入り、総菜の容器の透明なふたなどに使う樹脂「二軸延伸ポリスチレンシート」を2度にわたって値上げしている。

 原油価格は、昨年秋の石油輸出国機構(OPEC)の減産合意以降、上昇基調が続く。ある大手化学メーカーの担当者は「今後も追加値上げに踏み切らざるを得ないのではないか」と気をもむ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 素材各社が原燃料高に白旗 採算悪化で相次ぐ値上げ表明 需要家、消費者の反発必至でどこまで浸透?

「ニュース」のランキング