産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


最新の情報通信技術を披露 「CeBIT」開幕

 世界最大級の情報通信技術の見本市「CeBIT(セビット)2017」が20日、ドイツのハノーバーで開幕した。日本は100を超える企業や団体が出展。あらゆるものがインターネットでつながる「モノのインターネット(IoT)」の最新技術を披露した。

 トヨタ自動車は、ドライバーが赤信号を見落としている恐れがある場合、表示とブザーで注意喚起する機能を紹介した。小型の三輪電気自動車も展示し、都市生活での利用を提案。日立製作所はAIを活用し、工場の従業員が規定の動作から外れた行動をとると、自動的に検知して知らせる技術を披露した。

 NTTグループは特殊な素材を使った肌着を着て心拍数を測定するシステムを公開した。ドイツのソフトウエア大手SAPなどと手掛けており、バス運転手の体調管理に役立つという。

 見本市は24日までで、世界約70カ国から約3千社が参加した。(共同)

「ニュース」のランキング