産経ニュース

【経済インサイド】輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

新型MINIクロスオーバーの発表会=2月23日、東京都江東区青海(宮川浩和撮影) 新型MINIクロスオーバーの発表会=2月23日、東京都江東区青海(宮川浩和撮影)

 輸入車市場でドイツのBMWが大きな存在感を発揮している。平成28年は同じく独フォルクスワーゲン(VW)を抜き、首位の独メルセデス・ベンツに次ぐ2位に浮上。傘下の小型車ブランド「ミニ」を含めたグループ販売は、小型車「スマート」を入れたベンツを上回ってトップに立つ。今年も3月2日の「ミニの日」に主力車「ミニ クロスオーバー」を刷新して投入、人気の小型車を原動力に輸入車市場の覇権を握る。

(※3月8日にアップされた記事を再掲載しています)

 1月12日、東京・青海の大型ショールーム「BMWグループ東京ベイ」。日本法人ビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は主力セダン「5シリーズ」の発表会で、「昨年はグループで8年連続の成長を達成した」と胸を張った。

 日本自動車輸入組合によると、昨年のBMWブランドは前年比9.4%増の5万571台を記録した。ラインアップの充実などで伸びたが、ライバルのベンツの6万7386台には約1万7000台と大きな差を付けられている。

 だが、グループ販売では状況は一変する。ビー・エム・ダブリューが展開するミニは16.4%増の2万4548台と2ケタの成長を達成。定番のハッチバックに加え、スポーツ用多目的車(SUV)「クロスオーバー」やコンバーチブルなどを順次追加し、モデル別でも長らく輸入車首位だったVWの「ゴルフ」を抜き去りトップを初めて獲得した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

「ニュース」のランキング