産経ニュース

ユニクロが東京・有明に新オフィス 高級ホテル並みの快適さ 「社員の働き方変えたい」と柳井会長

ニュース 経済

記事詳細

更新


ユニクロが東京・有明に新オフィス 高級ホテル並みの快適さ 「社員の働き方変えたい」と柳井会長

働き方を一新する「有明プロジェクト」で、社内に設けられた読書スペース=16日、東京都江東区(荻窪佳撮影) 働き方を一新する「有明プロジェクト」で、社内に設けられた読書スペース=16日、東京都江東区(荻窪佳撮影)

 ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」は16日、東京・有明に新設したオフィス「ユニクロシティー東京」を公開した。ユニクロは顧客の要望に迅速に対応し、商品供給のスピードを早める「有明プロジェクト(PJ)」を推進。新オフィスはその重要拠点で、2月から稼働している。記者会見したファストリの柳井正会長兼社長は「情報製造小売業に転換し、社員の働き方も変えたい」と意気込みをみせた。

 新オフィスは6階建ての建物の6階にあり、面積は約1万6500平方メートル。読書スペースや至る所にソファが設置され、まるで高級ホテルのようだ。

 ユニクロは2月、商品開発やマーケティング、販促などに携わる約1千人が東京・六本木のオフィスから新オフィスに移った。これまで商品開発や生産、販促などは一つの工程を終えて次の工程に進んでいたが、有明では各部門を集約し、同時並行で作業を行う。将来的には商品の企画から販売までの期間を従来の1年から約2週間に短縮する。

 背景にはスマートフォンの普及で顧客の売れ筋の変化が早まっていることがある。新オフィスでは社員の働き方も変えて、全社員が同時に連動して作業を行う。人工知能(AI)も活用し、顧客に最適な商品を供給する態勢を構築する。

 既に「ZARA」を展開するスペインのインディテックスは商品の企画から販売までを2週間で行っている。柳井会長は有明PJを「1~2年で本格的に稼働させたい」と語った。

このニュースの写真

  • ユニクロが東京・有明に新オフィス 高級ホテル並みの快適さ 「社員の働き方変えたい」と柳井会長

「ニュース」のランキング