産経ニュース

パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”

ニュース 経済

記事詳細

更新


パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”

カシオの電卓発売50周年記念モデル「プレミアム電卓S100」 カシオの電卓発売50周年記念モデル「プレミアム電卓S100」

 産経ネットショップでは、カシオ計算機が、電卓発売50周年を記念して発売した“究極”の電卓「プレミアム電卓S100」を販売している。<産経netshop>

営業や経理など数字を追いかける仕事には欠かせない電卓。4月で新生活や新年度を迎えるにあたり、毎日頻繁に使うものだからこそ上質なものを選んで仕事効率アップを図ってみては?

 電卓本来の機能や操作性を追求した「プレミアム電卓S100」。液晶表示の見やすさ、パソコン顔負けに操作性のよいキー、上質な素材を使ったボディなど使い心地に徹底的にこだわっている。数字などの表示部は、業界初となる両面反射防止コーティングを施したディスプレイウィンドウを採用。光の映り込みを抑え、コントラストが高い独自の液晶により、どんな角度からも見やすい。

 キーは、パソコンのようなスムーズなタッチをめざし、押したときに横ぶれしない独自のV字ギアリンク構造を採用。これによりキーを真っ直ぐに押すことができるため、従来の電卓のようにキーの端を押すと斜めに押し込まれることがなく、操作時に安定感がある。また、特殊構造により、キーの高さが抑えられスタイリッシュな薄型デザインも両立した。

 さらに、メインボディ部はアルミニウム合金を塊から削り出した重厚感のあるつくり。表面には耐食性を高めるアルマイト処理や質感を増すヘアライン仕上げを施すなど、従来の電卓とは一線を画す存在感がある。1台3万円弱と電卓としては高額だが、電卓が必需品の銀行マンなどを中心に人気を集めている。2万9,160円(税込)。

このニュースの写真

  • パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”
  • パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”
  • パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”
  • パソコン並みのキータッチ 電卓本来の機能と操作性を追求した“究極の電卓”

「ニュース」のランキング