産経ニュース

「文学賞」へAI(人工知能)指導 ソフトバンクG子会社が開発 「相性が良い」文学賞薦める

ニュース 経済

記事詳細

更新


「文学賞」へAI(人工知能)指導 ソフトバンクG子会社が開発 「相性が良い」文学賞薦める

 ソフトバンクグループの会社が、国内の文学賞に応募する小説を人工知能(AI)で添削指導するサービスを始めることが8日、わかった。受賞作の特徴や傾向などをAIが分析し、「相性が良い」文学賞を薦めるという。

 小説のAI添削を始めるのは、出版事業を手掛けるツギクル(東京都港区)。ソフトウエアベンチャー「AIREV」(同福生市)が開発した、言葉の文法や文脈を理解できるAIを使う。AIに各文学賞の受賞作品を読み込ませ、文章の長さや会話文の割合、審査の性格など文学賞ごとの審査傾向を分析する。

 ツギクルは昨年12月、投稿サイトなどに公開されている小説を対象に、AIがジャンルに適した文の長さやセリフの割合になっているかどうかを判断して投稿者にアドバイスするサービスを始めている。診断対象は、当初はファンタジー小説だが来年度はジャンルを広げる。今年2月からは、同社で出版している小説のおおまかな内容をAIが分析し、裏表紙に「SF要素15%、恋愛要素20%」と円グラフで表示する取り組みも始めた。

 同社幹部は、AIによる添削指導について「この文学賞には向いてなくても別の文学賞は受賞するかもしれないというのをわかるようにすることで作家を目指す人を支援したい」としている。

 「AI小説」をめぐっては、名古屋大のグループが昨年、あらかじめ設定された主人公やあらすじを基にAIが単語や形容詞を組み合わせて作った小説を星新一賞に応募、1次審査を通過した。中部経済新聞は昨年11月、AIが執筆した同紙の歴史に関する記事を掲載した。

「ニュース」のランキング