産経ニュース

米USTR「不正な貿易慣行容認せず」 米議会に報告書、WTOもけん制

ニュース 経済

記事詳細

更新


米USTR「不正な貿易慣行容認せず」 米議会に報告書、WTOもけん制

 【ワシントン=小雲規生】米通商代表部(USTR)は1日、議会に提出した通商政策に関する報告書で「不正な貿易慣行は容認しない」として、米国に不利に働く貿易相手国の為替操作や補助金制度などに強い姿勢で臨む考えを示した。報告書は通商政策に関する国際的なルールを定める世界貿易機構(WTO)もけん制しており、トランプ政権がWTOを無視する可能性も指摘されている。

 報告書は、現在の国際貿易は為替操作や補助金、知的財産の侵害、国営企業、甘い労働法制などによって「ゆがめられている」と主張。米国にとって公平な貿易体制を実現するために「あらゆる可能な手段をとる」としている。

 また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱はこうしたトランプ政権の方針を現れだと指摘。今後は主要貿易相手国に市場開放を迫るための二国間協定の実現を目指すとした。さらに米国の主権を守るための方策を検討していることを示唆し、「近い将来」に行動を起こすとしている。

続きを読む

「ニュース」のランキング