産経ニュース

「ペッパー」が学校にやってくる ソフトバンク、全国282の小中学校や特別支援学校に無償貸与 プログラミング教育、来年度から本格化

ニュース 経済

記事詳細

更新


「ペッパー」が学校にやってくる ソフトバンク、全国282の小中学校や特別支援学校に無償貸与 プログラミング教育、来年度から本格化

 ソフトバンクグループは、平成32年度から小中学校で必修化が検討されているプログラミング教育にヒト型ロボット「ペッパー」を活用する取り組みを来年度から本格化させる。全国17自治体の公立小中学校282校や、特別支援学校や学級の障害児向けに無償でペッパーを貸し出す。

 ペッパーのプログラミング教育は、パソコンのソフトで、「ありがとう」などペッパーに話させたい言葉や、「手を挙げて」など動作させたい動きを入力するだけで、ペッパーがその通りに発言したり動作したりする。パソコンの画面上でプログラムが動くのと違って、ペッパーのプログラミング教育は「動きなどが目に見える形でわかるので、子供たちのやる気を高める」(ソフトバンクグループの池田昌人グループマネージャー)という。

 同社の宮内謙副社長は「ペッパーのプログラムはわかりやすく感動を与えられる。教育のパラダイムシフトを起こしたい」と語る。29年度にペッパーとともにパソコンやネットワークも無料で貸し出し、小学4年~中学3年まで約9万1千人の児童生徒が約2千台のペッパーでプログラムを学ぶ。対象自治体の一つ、東京都町田市の小学4年の女児(10)は「未来のための勉強を必修になる前にできるのはすごくうれしい」と話した。

続きを読む

「ニュース」のランキング