産経ニュース

【東芝巨額損失】東芝、LNG1兆円損失も 原油価格が新たな火種に

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝巨額損失】
東芝、LNG1兆円損失も 原油価格が新たな火種に

東京都港区の東芝本社が入るビル 東京都港区の東芝本社が入るビル

 年間のLNG調達量が4千万トン規模のJERAは、26年に東芝のLNG販売を支援する契約を結んだが、「契約内容は米国産LNGの潜在的な買い手を紹介するのみ。当社が(東芝のLNG)販売を担うことはない」とし、東芝分のLNG引き受けを否定した。

 東芝によると現時点で220万トンの約半分については販売先が見つかったという。だが、契約には法的拘束力がないうえ、米原発事業をめぐる巨額損失で市場の信頼も失墜する中、「契約破棄などで全く売れなかった場合、20年間の累計で1兆円の損失リスクの可能性もある」(関係者)。

 東芝が契約するフリーポート液化基地の運転開始は31年9月の予定。東芝は、LNGの販売先が見つからなければ31年3月期決算にも特別損失の計上を迫られる恐れがある。

 「ノウハウの豊富な商社でさえ厳しいのに、東芝が売りさばけるのかは不透明だ」(市場関係者)との声もあり、東芝の新たな“火種”となる可能性もある。

「ニュース」のランキング