産経ニュース

ドコモのAIタクシー全国展開へ 29年度下期の商用化目指す

ニュース 経済

記事詳細

更新


ドコモのAIタクシー全国展開へ 29年度下期の商用化目指す

NTTドコモの人工知能(AI)を使ったタクシーの需要予測システムを元に運転する東京無線協同組合加盟社の運転手 NTTドコモの人工知能(AI)を使ったタクシーの需要予測システムを元に運転する東京無線協同組合加盟社の運転手

 NTTドコモは17日、携帯電話ネットワークやNTTグループの人工知能(AI)を使って、タクシーに乗りたい人がどこに多くいるかを予測するシステム「AIタクシー」を平成29年度下期に商用化する考えを明らかにした。昨年6月から東京無線協同組合のタクシーで行った実験で効果があったとして、タクシー配車システムを提供している富士通テン(神戸市)などと共同で全国展開する。

 AIタクシーは、タクシーに取り付けたタブレット端末の地図上に、500メートル四方で区切った地域の30分後までのタクシーの需要台数が数字で表示、10分ごとに更新される。

 駅前や大通りなど普段から人が多く集まるようなところだけでなく、成人式やコンサート、入学試験などが行われている地区でも、終了するタイミングを見越して台数を表示することができる。

 タクシー会社の過去の運行データや天候など複数のデータも組み合わせてAIで処理し、リアルタイムでタクシー利用者の需要を予測できるという。

 実験は昨年6月から、東京23区と武蔵野、三鷹の両市で東京無線の12台のタクシーで実施。NTTドコモによると、AIの予測を基に運行したところ、昨年11月から12月にかけて実験に参加した乗務員の売り上げの増加幅が、東京無線の乗務員全体の増加幅を約50%も上回った。

このニュースの写真

  • ドコモのAIタクシー全国展開へ 29年度下期の商用化目指す

「ニュース」のランキング