産経ニュース

トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言

ニュース 経済

記事詳細

更新


トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言

ステージ上で給電体験を行うCMキャラクターの石原さとみさん=15日午後、東京都江東区(春名中撮影) ステージ上で給電体験を行うCMキャラクターの石原さとみさん=15日午後、東京都江東区(春名中撮影)

 トヨタ自動車は15日、家庭などで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の新型車を発売したと発表した。電池容量を大きくし、ガソリンを使わず電気で走れる距離を従来比2倍超の68・2キロに延ばしたのが特徴。PHVは充電が切れてもガソリンで走れるため遠出の際も安心感がある。各社は今後の普及拡大を見越して製品投入を急いでおり、開発競争は激化の一途だ。

 「ハイブリッド車(HV)に続くエコカーの本命はPHVだ」。

 トヨタの内山田竹志会長は15日の新型プリウスPHVの発表会見でこう言い切った。トヨタはこれまでHVをエコカー戦略の中心に位置づけていたが、新型プリウスPHVの投入を皮切りに、PHVの普及に全力を注ぐ姿勢を公式に打ち出した格好だ。

 新型プリウスPHVは家庭のコンセントのほか、外出先では急速充電器でも充電できる。価格は326万1600円から。国内では月2500台の販売を計画する。排ガス規制が厳しい米カリフォルニア州では、トヨタが得意とするHVが来年から環境車と見なされなくなるため、北米では昨年11月に先行発売していた。年内には欧州や韓国でも売り出す。

 PHVは短距離の移動であればほぼガソリンを使わずに済む。その利便性の高さから市場拡大が見込まれており、国内外の自動車各社が開発を強化している。ホンダは新型PHVを年内に北米で発売。富士重工業は18年までに北米で、マツダも21年以降の投入を検討している。(今井裕治)

このニュースの写真

  • トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言
  • トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言
  • トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言
  • トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言
  • トヨタが「プリウスPHV」新型車を発売 電気で走れる距離2倍に、エコカーの本命宣言

「ニュース」のランキング