産経ニュース

【トランプ政策を問う】為替操作に反論を、お土産を軽々に出すな 篠原尚之元財務官・東大教授

ニュース 経済

記事詳細

更新

【トランプ政策を問う】
為替操作に反論を、お土産を軽々に出すな 篠原尚之元財務官・東大教授

篠原尚之氏(田村龍彦撮影) 篠原尚之氏(田村龍彦撮影)

 「米国第一」を掲げるトランプ米大統領は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱など保護主義を鮮明にし、貿易赤字の解消やドル高是正を訴えている。世界経済や金融市場に影響を与えるトランプ政権の政策をどう分析し、日本はいかに対応していくべきか、識者に聞いた。

 トランプ政権は選挙中に打ち出した計画を実行しようと努力しているが、ホワイトハウスの一部の人間でやっている。(難民・移民の受け入れ停止を決めた大統領令など)やり方がつたなく、心配だ。

 トランプ大統領の発想はマルチ(多国間)ではなくバイ(2国間)で、頭にあるのはアメリカの雇用だ。(中国や日本を通貨安誘導と批判したのも)米フォードなど米国企業の競争力(向上)の観点からきている。

 (日本を「為替操作国」に指定する可能性は)“脅し”として、ないとはいえないが、日本は従来の意味での為替操作をやっていない。市場介入をしていないし、金融政策もデフレ脱却のためにやっている。正々堂々と反論していくしかない。

 (中国も含めて)操作国に指定されれば、関税を引き上げられ、世界経済全体にダメージを与えかねない。

続きを読む

「ニュース」のランキング