産経ニュース

ソニー損失1121億円 映画事業、DVD縮小響く

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソニー損失1121億円 映画事業、DVD縮小響く

 ソニーは30日、映画事業で1121億円の減損損失を計上すると発表した。映画のブルーレイディスク(BD)やDVDの市場が想定より急速に縮小する見通しとなり、映画事業の今後の収益見通しを下方修正する。

 ソニーは平成29年3月期の本業のもうけを示す営業利益を2700億円、最終利益は600億円と予想している。減損損失の影響は「精査中」としており、2月2日の28年4~12月期連結決算で、営業損益に盛り込んで発表する。

 損失は主に、1989年に買収したコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント(現ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)に関するもの。市場縮小をにらんで事業価値を当初より低く見直した。

「ニュース」のランキング