産経ニュース

自動運転、ITと連携加速 デンソー NECとはAI開発

ニュース 経済

記事詳細

更新


自動運転、ITと連携加速 デンソー NECとはAI開発

 自動車部品大手のデンソーが、自動運転技術でIT大手との提携を加速している。自動運転の実用化に不可欠な人工知能(AI)などの技術を他企業との連携で早期に確立し、海外の部品大手に対抗する考えだ。

 デンソーは26日、NECとAIを活用した自動運転技術の開発で提携すると発表した。デンソーの車載カメラで撮影した画像をNECのAIで分析し、人や障害物を回避する技術を開発する。クルマをインターネットに接続して各種サービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」の普及を見越して、サイバー攻撃対策でも協力する。

 NECから人材も受け入れる。デンソーが得意とするカメラやセンサーの技術と、NECの持つAI自らが理解を深める「ディープラーニング(深層学習)」の知見を融合して、双方の技術力向上につなげる。

 デンソーが今回、NECと提携するのは、車両周囲の状況をAIで判断する技術を自前開発するには限界があるとみているため。

 開発に足りない技術は積極的な提携を通じて補う戦略で、東芝とは既に画像認識用AI開発で提携。センサー開発ではソニーの技術を車載用に改良して取り入れ、英国の半導体開発大手とは車載用プログラムでの共同研究に乗り出した。

 自動運転分野では海外の部品大手もIT企業などとの提携や買収を加速。デンソーも提携戦略を駆使しながら実用化を急ぎ、激化する競争の勝ち残りを目指す。(今井裕治)

「ニュース」のランキング