産経ニュース

日産、UDタクシー「セレナ」の出発式 東京五輪に向け普及促進

ニュース 経済

記事詳細

更新


日産、UDタクシー「セレナ」の出発式 東京五輪に向け普及促進

買い物客に扮したモデルを乗せ、出発する日産自動車のUDタクシー仕様「セレナ」=2日、東京都港区(会田聡撮影) 買い物客に扮したモデルを乗せ、出発する日産自動車のUDタクシー仕様「セレナ」=2日、東京都港区(会田聡撮影)

 日産自動車は2日、東京都内で、高齢者や障害者が乗りやすい「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」の仕様にしたミニバン「セレナ」の出発式を開いた。政府や都の補助金を活用し、タクシー大手3社が導入。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、普及を進める。

 日産の石井裕晶理事は式で、「20年に向け大きな荷物を運ぶ外国人や、車いす利用者のニーズは高まる。みんなに優しいタクシーとして普及を図る」とあいさつした。

 セレナは、政府のUDタクシーの規定を基に乗降用の手すりなどを追加した。UDタクシーをめぐっては、都が東京五輪・パラリンピックを見据え、1台最大60万円の補助金を支給し、20年度に都内で1万台の普及を目指している。

関連ニュース

【知ってる?!】ユニバーサルデザイン(3)新たな発想で快適性追求を

「ニュース」のランキング