産経ニュース

今年度の税収「下期みないとわからない」 麻生財務相、為替動向を注視

ニュース 経済

記事詳細

更新


今年度の税収「下期みないとわからない」 麻生財務相、為替動向を注視

麻生太郎財務相(左) 麻生太郎財務相(左)

 麻生太郎財務相は2日の閣議後の記者会見で、今年度(平成28年度)の税収見通しについて、11月から外国為替市場で円安が加速していることに触れ、「下期をみないとよくわからない」と話した。4~10月の税収実績は7年ぶりに前年割れしたが、麻生氏は「大きな理由は為替」と説明した。

 28年度の税収は、年初からの円高で輸出企業を中心に業績が低迷し、当初の見積もりを割り込む可能性が浮上している。ただ11月に米大統領選でトランプ氏が勝利したのを機に円安が進んでおり、財務省は慎重に精査している。

 また、トランプ次期政権で財務長官に就任するムニューチン氏に対しては、「政策は今からの話。直接話したわけでもないし、コメントすることはできない」と述べるにとどめた。

関連ニュース

社会保障費の自然増「5千億円の線守る」と麻生財務相

「ニュース」のランキング