産経ニュース

三井生命、ESG投資に本格参入 世銀の豪ドル建て債券に100億円投資 今年度230億円投資計画

ニュース 経済

記事詳細

更新


三井生命、ESG投資に本格参入 世銀の豪ドル建て債券に100億円投資 今年度230億円投資計画

 三井生命保険が環境保全や社会貢献につながることを重視して投資先を選ぶ「ESG投資」に本格参入したことが1日、分かった。11月に世界銀行が初めて発行したオーストラリアドル建て15年債を100億円で引き受けた。超低金利環境が続く中、親会社である日本生命保険の運用ノウハウを活用し、投資先の多様化に取り組む。今年度中に総額230億円を投じる計画だ。

 三井が引き受けたのは豪ドル建て15年債で、資金は途上国の開発支援プロジェクトに役立てられる。利回りは3%強。1日時点の豪10年物国債の利回り2.7%台後半と比べても安定した水準で、三井はこれを年金保険や貯蓄性保険といった豪ドル建て保険商品の利回り確保に活用する。

 三井は、今年度中にさらに100億円をESG関連の外貨建て債券に投資する計画で、年間の外債投資額に占める比率は合わせて1割近くになる見通しだ。このほか7月にも、日本生命の資産運用会社を通じてESG関連の国内株ファンドに30億円を出している。

 日本生命と三井は昨年12月の経営統合以降、グループ一体で競争力向上に取り組んできた。三井にとっては財務基盤の強化につながった上、来年からは日本生命から商品供給も受け、品ぞろえの拡充も図る。

 日銀のマイナス金利政策の下、国債での運用が厳しくなる中、両社は運用高度化の取り組みの一環でESG投資を加速したい考えだ。

関連ニュース

「トランプ相場」にも慎重 生命保険10社、4~9月減収

「ニュース」のランキング