産経ニュース

新宿・高島屋に「ニトリ」、札幌・大丸には「ポケモンセンター」…百貨店、収益悪化で異業種テナント誘致に注力

ニュース 経済

記事詳細

更新


新宿・高島屋に「ニトリ」、札幌・大丸には「ポケモンセンター」…百貨店、収益悪化で異業種テナント誘致に注力

高島屋新宿店が入る商業施設で1日オープンした「ニトリ」の店舗=1日、東京都渋谷区(大柳聡庸撮影) 高島屋新宿店が入る商業施設で1日オープンした「ニトリ」の店舗=1日、東京都渋谷区(大柳聡庸撮影)

 大手百貨店が、家具小売りなど集客力のある異業種のテナント誘致に力を入れ始めた。1日には高島屋新宿店が入る商業施設に家具大手「ニトリ」が、大丸札幌店には人気キャラクターを扱う「ポケモンセンター」がそれぞれオープン。これまでにない店舗で、顧客層の拡大につなげる。専門店やネット通販の台頭などで収益が頭打ちとなる中、訪日外国人の“爆買い”にも陰りが見えており、各社はビジネスモデルの転換を急ぐ。

 「夢にまで見た新宿に出店するのは光栄だ」

 高島屋が新宿駅南口で手掛ける商業施設に出店したニトリホールディングスの似鳥昭雄会長は、同日の式典でこう強調した。

 都市部で出店を拡大したいニトリと、集客力を高めたい高島屋の思惑が一致。高島屋にとっては9月の港南台店(横浜市)に続く2店目のニトリ誘致となる。高島屋の秋山弘昭専務は「車で来店する人が多いニトリの顧客層を取り込める」と説明する。

 ニトリをめぐっては、東武百貨店も来年3月、池袋本店(東京都豊島区)に誘致する計画だ。

 一方、大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは1日、大丸札幌店(札幌市)に「ポケモンセンター」を開設。幅広い年代の集客につなげる狙いだ。

続きを読む

関連ニュース

百貨店各社が新春の福袋を相次いで発表 「体験型商品」が中心に

「ニュース」のランキング