産経ニュース

損保ジャパン日本興亜 保険料を取りすぎ 343人に1800万円を返金

ニュース 経済

記事詳細

更新


損保ジャパン日本興亜 保険料を取りすぎ 343人に1800万円を返金

 損保ジャパン日本興亜は1日、自動車保険の契約者343人から保険料を取り過ぎていたと発表した。取り過ぎた保険料の総額は計約1800万円で、対象者に速やかに返金する。このほかにも、同様に取り過ぎの可能性がある元契約者が84人いるといい、詳しく調べている。

 過徴収があったのは、契約者に過失がなかった事故で保険金の支払いを受けた場合と、自然災害による事故の修理費や盗難などを補償する車両保険を使った契約者。保険金の支払いシステムを扱う担当者が、保険料の割引率を決める「等級」を誤って入力したことが原因だという。

 自動車保険で保険料の取り過ぎが発覚したのは、平成26年に続き2度目。

関連ニュース

「トランプ相場」にも慎重 生命保険10社、4~9月減収

「ニュース」のランキング