産経ニュース

OPEC減産合意、石連会長が「産油国の意志の表れ」とコメント

ニュース 経済

記事詳細

更新


OPEC減産合意、石連会長が「産油国の意志の表れ」とコメント

 石油連盟の木村康会長(JXホールディングス会長)は1日、前日に行われた石油輸出国機構(OPEC)定時総会で減産合意が正式決定したことを受け、「今回、非OPEC産油国とも協調して、(9月の臨時総会の合意を)具体的な各国別の生産枠として示したことは、原油市場の需給均衡早期化に向けた主要産油国の強い意志の表れだ」と評価するコメントを発表した。

 今後の油価動向については、「原油価格の上昇に伴う米国などの生産動向に引き続き中止していく必要はある」としながら、1バレル=55ドルに向かって上昇するとの見通しを示した。

関連ニュース

OPEC、日量120万バレルの減産で最終合意 8年ぶり

「ニュース」のランキング